イベントレポnote、週2本書いてみて

インタビューライター・社交ダンス講師として、日々の学びや気づきをほんわかとお伝えしていくニュースレターです。

池田アユリ

2021/11/7

先週参加したオンラインイベントの振り返りレポートを、今週2本書きました。
火曜から風邪引いてたのに、がんばったな、わたし。
イベントレポを書くのはけしてラクではない。むしろどこまで書くか、何を伝えるか仕事と同じくらい悩む。でも、イベントレポ書くの好きなんだなぁ。良い言葉や想いを聞いたら、ひとりでも多くの人へ届けたいもん。「誰かを勇気づける文章を目指して」が、私のライターのテーマです。
ということで、今週のnoteです。
規格外に稀な人を追う、稀人ハンター・川内イオさんによる、ライター講座。桁違いのPV数をたたき出すイオさんが、ライターのためのイベントを開いでくださるなんてうれしすぎる。
しかも、わたしは司会・質問役を賜った。ほんと、手を上げてみるもんだなぁ。ライターというより、人としてどうあるべきかと考えさせられました。イオさんの飾らないお人柄も素敵なんです。

こちらは作家の小松成美さんのオンラインサロンのイベントを書きました。10月より小松さんとお仕事をご一緒させていただくようになり、「ぜひイベントの感想を聞かせて」ということで、恐縮ながら書いてみました。
感想、というよりも、ジャパンハートの吉岡先生のお話に引き込まれ過ぎて、それを伝えることに注力したnoteになっております。
「誰かに認められなくてもいい。自分に対してだけは、自分が何をできるのかを示すべきだ」
この言葉に、わたしはガツンと頭を打たれました。そやよ、自分が正しいと思ったことを選べばいいんだ。誰の顔色伺ってんねん。
そう心を強くした一週間でした。







メールアドレスだけでかんたん登録

  • 新着記事を受け取り見逃さない
  • 記事内容をそのままメールで読める
  • メール登録すると会員向け記事の閲覧も可能
あなたのメディアをつくりませんか?
ニュースレターつきメディア運営サービス
Medy
receiving email
いますぐはじめる